日清製粉グループ本社は13日、傘下の事業会社であるマ・マーマカロニの神戸冷凍食品工場が完成し、月内に本格稼働すると発表した。東灘区深江浜町にある従来の神戸工場内に最新鋭のラインを設置。同じく日清粉G傘下の日清フーズが展開する「マ・マー」などの冷凍パスタを製造する。総投資額は28億円になった。

 手軽さなどを背景に伸びている冷凍パスタの需要に対応した。年間約5200万食を製造する。製造ラインの自動化や省力化などを徹底し、生産効率を高めた。衛生管理も強化し、従業員の役割別に作業動線も区別した。生産エリアには監視カメラを設置。従業員による工場の入退場はICタグで管理し、故意に異物を混入させる事故なども防ぐ。

 冷凍食品工場の完成に伴い、以前は神戸工場で製造していた乾燥パスタはマ・マーマカロニ宇都宮工場(宇都宮市)とトルコ日清製粉に移管する。