f:id:shaho:20161119172451j:plain

自分たちの生活を守る公的な保険が、健康保険と年金保険。

代わりに、仕事のことを守ってくれるのが、労働保険である。すこしだけ調べてみた。

労働保険、労災保険と雇用保険の二つに分かれる。この二つ、ある程度働いていれば、加入することが義務というもの。年金保険に健康保険に労災保険に雇用保険なんて大変ジャマイカ!と思うが、あとの二つは会社にて手続きするもの。

雇用保険は会社と折半して保険料を払う。労災保険は会社が払ってくれる。ありがたい。掛け金そのものは安く、それでいて保障はけっこう充実している。

労災保険は、「労災が降りる」とよく言うように、仕事中のケガを補償してくれるもの。国民年金の傷病手当金は業務外という決まりがある。私生活なら傷病手当金、仕事中なら労災というわけだ。

雇用保険は失業したときなどに活用できる。離職後、職探しをしているときの給与の補填だったり、職業訓練など。

これらを会社とすこしだけ自分が負担して、なにか問題があっても大丈夫なようにしているのが労働保険。お恥ずかしながら全然知らなかった(使う機会がないので)